ゲームゲームアンドゲーム@IKEGAMES

全力でゲームを楽しむブログ

【Goddess~闇夜の奇跡~】このゲーム、なぜかやってしまうぞ・・・!

calendar

reload


ブログ移転後初投稿です(*’ω’*)

今日はスマホアプリで提供されているMMORPG

Goddess~闇夜の奇跡~を紹介したいと思います!

 

(100レべに到達した記念のSS。)







Goddessのストーリーについて


神と人類と魔族が共存する世界のお話です。

人類と魔族が戦いを続けた結果、人類滅亡の危機を迎えるのですが、

それを見かねた神が人類に力を授けます。

しかし、その力が強大すぎたため、世界をも滅ぼしてしまうほどに。

それを防ぐため神は力を与える前に時間を巻き戻し、そこに勇者を送り込みます。

プレイヤーである勇者はそこで平和な世界を築けるのか・・・!

というのがこのゲームの主旨ですね。

 

 

すんごい壮大でしょwww

まぁこんなストーリーがあるんですが、

私はほとんどストーリー見てないですww

もったいないんだろうとは思いますが、

ストーリー見なくてもこのゲームなぜか続けちゃうんですよね。

いや、皆さんは是非読んでくださいね?!

 

 

さて、ストーリーについてはこの辺にして、

このゲームを始めるにあたって、種族を選ぶ必要があります。

 

 

種族について


  • ウォーリア
  • ウィザード
  • ヴァンパイア

の3種族があり、それぞれタイプが異なります。

 

まずウォーリア。

ウォーリアはバランスタイプです。

そこそこ攻撃もできつつ、防御も堅い。

といったところですが、私がプレイして見た感じでは

一番ユーザー数が少ないような気がします。

バランスタイプが故に、これといった特徴がないのが欠点かもしれません。

 

 

続いてウィザード。

範囲攻撃が優秀な種族です。

1vs1の対人戦には向かないですが、

3vs3やダンジョンなど、複数の敵を相手に

する場合に、範囲攻撃で掃討できるというのが特徴ですね。

また、装備も可愛いものが多いですね。(羨ましい)

 

 

最後はヴァンパイア。

ヴァンパイアは火力特化な種族です。

私が選んだのもヴァンパイアですね。

複数の敵を相手にするのは向かないですが、

1vs1の対人戦になれば

最強なのはヴァンパイアではないかなと思います。

 

 

それぞれに特徴がありますが、私が実際に見た感じ

ウィザードとヴァンパイアが多いですね。

ウィザードは装備が可愛いのもあって女キャラにすると

より楽しめそうだなって思います。

ただこのゲーム、コツコツ時間をかければ

どの種族でも確実に強くなれますので、好みで選んでいいかと思います。

 

 

戦闘について


戦闘はとても爽快で気持ちいいです!

 

 

右下の扇状に4つ並んでいるのがスキルで、

それぞれワンタップで発動できるので簡単ですし

通常攻撃も剣のマークを連打すればコンボしてくれます。

また、何が素晴らしいかというと、オート戦闘してくれることですね。

クエストステージなど、戦闘面倒だなぁって思ったら

オート操作に切り替えると、勝手に敵を倒してくれます( *´艸`)

bot並に効率よく動くのですごいなぁって思いますよw

 

 

強さの仕組みについて


強さの仕組みについてです。

冒頭に載せた画像が私のステータス画面なのですが、

戦力というのが強さの指標になります。

この戦力がどうやったら上がるかですが、

装備をより良いものに変えたり、幻獣を強くしたり

といったことをしていくことで戦力が上がっていきます。

知らないワードがいきなり出てきて申し訳ないのですが、

これらについては書くことが多いので

別記事にてまとめていきたいと思います!

 

 

最後に


今回はGoddessがどういったゲームなのかということをまとめました。

ストーリーも読まずに何を楽しんでいるのかと思う方もいるかもしれませんが、

私は戦力(ステータス)が徐々に上がっていき、

強くなっていくのを実感するのが嬉しくてついついやっちゃってますw

戦闘は全然苦じゃないですし、課金も必要なし!

また、某お空のソシャゲのように

ずっと張り付いてステージを周回しなければいけない

なんてこともないので、気楽にやっていけるかと思います(*’ω’*)

 

 

私は、サーバー11のワールド11にてプレイしているので

これから始められる方は一緒に遊びましょう!

私がマスターを務めるギルドもあり、メンバー募集中です(*´ω`*)

てことで、今回はこの辺にして、

またGoddessについてたくさんまとめていきたいと思いますー!

ではでは!